映画『THE GUILTY ギルティ』が描きたかった事とは?ネタバレ感想&解説
(C)2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
スポンサーリンク

「全米が泣いた」

「アカデミー賞最有力」

「衝撃のラスト○分を見逃すな」

などなど映画にはクソみたいな宣伝文句が数多くあります。

 

泣けたら何でもいい映画なのか、アホが。

他人が勝手に決めた賞とったら面白い映画なのか、ばーかばーか。

「どんでん返しがすごい=すごい映画」ってうんこみたいな公式作んじゃねーよ、たーこたーこ

などなどいくらでも小学生みたいな文句が言えそうです。
そんなこと言われて映画観たくなる人たちの気持ちが分かりません。
僕みたいな自分というものをしっかり持っている人間は、こんな馬鹿な宣伝文句に流されたりしません。

 

あれは先日デイミアン・チャゼルの『ファースト・マン』(2018)を観に行ったときでしょうか。
本編上映前の予告で観たのは、冷たい空気が漂うデンマーク映画。
オペレーターの男がひたすら喋っているだけの映画という、これまでにもないわけではない映画。
どうやら男が話す相手は誘拐された被害者のようで、その電話だけを頼りに犯人を探す、おそらくどんでん返し系の映画。
そんなくだらないものはいつか観るとしても、DVDスルーです。
そして予告の最後に出た宣伝文句。
「米レビューサイト ロッテントマト 驚異の満足度100%」
……。

 

2月22日朝10時現在、僕はスクリーンを前に座っています。
「米レビューサイト ロッテントマト 驚異の満足度100%」のデンマーク映画『THE GUILTY ギルティ』を観るために。
決して宣伝文句に釣られたわけではありません。
ロッテントマトの満足度なんて気にする価値もありませんよ。
それに引っ張られるなんて、笑っちゃいます。
そんなことがこの僕に起こるわけがありません。
……
……
決してそれだけじゃないはずなんです、それだけじゃ…

ということでなぜか観たくてしょうがなくなってしまった映画『THE GUILTY ギルティ』の感想書きたいと思いまーす。

『THE GUILTY ギルティ』とは???

作品データ
原題 Den skyldige
製作年 2018年
製作国 デンマーク
配給 ファントム・フィルム
上映時間 88分
映倫区分 G

スタッフ
監督
グスタフ・モーラー
製作
リナ・フリント
脚本
グスタフ・モーラー
エミール・ナイガード・アルベルトセン
製作総指揮
ヘンリク・ツェイン
撮影
ジャスパー・J・スパニング
編集
カーラ・ルフェ
音楽
オスカー・スクライバーン

キャスト
ヤコブ・セーダーグレン / アスガー・ホルム
イェシカ・ディナウエ / イーベン
ヨハン・オルセン / ミカエル
オマール・シャガウィー / ラシッド

古くはスティーブン・ソダーバーグの『セックスと嘘とビデオテープ』(1989)、近年ではデイミアン・チャゼルの『セッション』(2014)などが受賞しているインデペンデント映画の登竜門、サンダンス映画祭観客賞を受賞した話題作です。
ノミネートはされなかったみたいですが米アカデミー賞の外国語映画賞デンマーク代表に選出されるなど、各国の映画賞をかっさらっているだけでなく、米レビューサイト、ロッテントマトの批評家満足100%という驚異の評価を得ています。
ロッテントマトとはなんぞやと言われれば、僕もそこまで詳しいわけではないんですけど、とりあえず何かとレビューの話になるとほぼ必ずロッテントマトの名前が出てくるくらいある程度の信頼性を持っているレビューサイトです。
まああくまで他人の評価なんで当てになったもんじゃないですが、サンダンス映画祭で賞とって、ロッテントマト100%と言われると、ちょっと観たくなっちゃいます。でも内容的には僕が惹かれない大きなポイントがありまして…
というかそこがこの映画の最大のウリでもあるんですが、画面に登場する主要人物は警察の電話オペレーターのおっさん1人、さらに舞台もオペレーター室のみという1シチュエーションスリラーなんですね。
いやあ、苦手なんですよ、こういう飛び道具映画。
アイデア勝負でそれとったら何も残らない方が多い気がします。
どんでん返しで嘘の満足感を味合わせるという中身なしのスカスカ映画になりがちです。
そして何より1部屋以外(正確には2部屋)映されないなら映画にする意味ねーんだよ!というところですね。
まあそれは後で書くとして、その警察のおじさんは元々は現場の人間みたいなんですが何かあったらしく、今は電話オペレーターやってるんですね。
俺の仕事はこんなもんじゃないと、イライラしているんで電話取るの遅いわ、取ってもロクに相手にせず切るわ、一緒に働く同僚には冷たい態度とるわ、いけ好かないおっさんなんです。
そんな中かかってきた1本の電話。
それは女性からでしたが、何とも様子がおかしい。
話が噛み合わない。
どうやら警察の自分と話していることを隠しているようだ。
よく聞くと背後から男の声がする。
もしかして誘拐されているのか。
そう電話の相手に尋ねると答えはイエス。
そこからおっさんの電話だけによる女性を救うための捜査が始まるんですね。
電話から聞こえてくる”音”のみを手がかりにおっさんは、現地警察、元相棒などに電話をしながらなんとか女性を助けようとします。
その最後に待ち受ける驚きの真実とは!!!
みたいな映画です。
ストーリーもここでざっくり書いちゃいましたが、視覚情報はほぼおっさんの顔だけなんで、とにかく音が重要な映画なんですね。
主人公と同じように観客も電話から聞こえてくる音を聞き、状況、情景、真相、犯人を想像するんです。
そんな映画です。監督、脚本は本作が長編デビューとなるグスタフ・モーラー。
情報以上。
主演はヤコブ・セーダーグレン。

情報以上。
あ、二人とも生まれはスウェーデンらしいです。
以上。
では感想を。

『THE GUILTY ギルティ』の感想(重要なネタバレあり!)

ではまずうんこ度(このサイトではどのくらいつまらなかったかで評価してます)

3.5/10  面白いぞでもやはり映画は空間を飛ばないとダメだなと思わされる映画

Rotten Tomatoes 驚異の100%評価通りの大満足映画かと言えば、全然そんなことないわけですが、最後まで観るとまあすげー良く出来てるなあって感心する映画でした。

んー、でもなんとも評価が難しい映画だと思いました。

今回の感想の論点はもうね、1つだけです。

それは何かと言うと、先程書いた通り映画は空間を飛ばないとダメだと思うんです
映画という表現方法のすごいところは空間、時間を自由自在に飛んで、それを視覚情報として観客に与えることだと思うんですね。
それが映画に許された最大の特徴といいますか、そうだからこそ映画だと言えるんじゃないかと。

そんなこと言ったら元も子もないんですが、それでももしかしたらこの映画は新たな境地に達しているのかもしれないと思ったんですよ。

実際鑑賞してみると、前評判通りたしかに緊張感はあるし、惹きつけられるんです。
でもね、やっぱり僕は途中でどっかに飛んで欲しくなっちゃうんです。
あー息苦しい、広い画が観たい、ここでバッと景色が広がったらなんと素晴らしい快感なんだろうかと。
この視覚的に空間を飛ばない、音による想像だけの緊張感がこの映画の肝なんだと分かっていても、途中で不満を抱いてしまいます。
それにこの緊張感て、まあ当たり前っちゃあ当たり前というか。
音のみによる緊張感がどれだけすごいかなんてもうとっくに分かってることなんですよ。
要は目隠しされたようなものですから。
もちろん脚本や見せ方がうまいからその緊張感が増幅され持続するんですが。

とここまで書くとすごく否定的に聞こえると思うんですが、それがそうでもないから困っているんです。
この手の1シチュエーション映画って必然性を感じないというか、ただただ今までにないこと、奇をてらったことをやろうとした結果そうなったみたいな感じがすることが多いんですよ。
結果中身スッカスカの「映画とは言い難いもの」になる。
そして先述したように、そもそも僕の考えだと1シチュエーションは映画には不向きなんです。
映画最大の魅力を自ら殺すわけですから。
自殺してるようなもんです。

『THE GUILTY ギルティ』も中盤くらいまではそんな風に思ってたんですよ。
どんでん返しがあるとしたら、まあこの電話かけてきた女が実は被害者じゃないのかなくらいは予想できちゃいますし。
そもそも誘拐されてるのに犯人いるところで電話かけれるの変だなあってすぐ思っちゃいましたし。
やっぱりこの映画もそういうどんでん返しがウリの、そこが予想できちゃったら全てが終わりのしょうもなしょうもな映画だと思ったんです。

でも今作は違ったんですよ。
正直この映画において「この事件の犯人というべき人間は電話をかけてきた女性だったー!!!というかむしろ事件自体アスガーの早とちりだったー!!!!」なんて事実はどうでもいいんですよ。
この映画が描きたかったのは電話の向こうで起きている事件なんかではないんです。
この映画が描きたいのは電話のこちら側、つまり主人公アスガーが起こした事件についてなんです。
もっと言うとアスガーが起こした事件についてというより、1人の人間が自分の犯した罪に正面から向き合えるようになるまでの葛藤、過程についてなんです。
アスガー自身が犯罪者だったという事実がこの映画の最大の驚き、どんでん返しなんでしょうが、そこもあれだけ訳ありな感じで描かれると、そう驚きません。
でもそこに驚くかどうかなんてどうでもよくて、電話の向こうの顔すら分からない人間を救おうとする過程においてアスガー自身が人間性を取り戻していき、最終的には自分自身を救うことになるということが素晴らしいんです。
アスガー自身を救うと言いましたが、彼はこの後おそらく罰を受けることになります。
でもそれは自分の犯した罪に向き合い、反省し人間として正しい道に踏み出そうとする行為です。
つまりこれは1人の人間の再生の物語なんです。
だからタイトルは『THE GUILTY ギルティ』。
そう思ったらこの映画は奇をてらってアスガー1人を映し続けたわけでは全然なくて、むしろそうするしか無かった、そうじゃなければ表現できなかったという表現の必然性みたいなものを感じたんです。
更にその1人の人間の心の葛藤、再生への過程を、全く別の事件を通してハラハラドキドキさせながら、娯楽として観客を楽しませながら描いたのが凄いなあと思ったんです。
その事実に気付かされたラストシーンを観た時は感心してしまいました。
良く出来てるなあ、うまいなあと思わずにはいられませんでした。

……
んーでもやっぱりそれと同時に映画ならではの空間の飛躍、背景の変化、場面転換なんかも楽しめたら…
いや、でもそれだとこの映画の良さを消すことになってしまう…。
…………。
…………。
とそんな感じで、よく出来てると評価しているのに、同時にそれが故の映画としての物足りなさも感じてしまうというなんとも悩ましい感想になってしまったんですねー。

ほんとこれ書いている今でも好きだと心から言えないどっちつかずな気持ちが、なんとも消化不良な感じで気持ち悪いです。

終わりに

結局中途半端な感想になってしまい申し訳ありません。

でも今まで見たしょうもない1シチュエーションものと比べたら数倍いい映画だと思います

まあ監督のインタビュー読んでみると、音にこだわったとか、音による想像力がどうたらこうたらと、どうでもいいことばかり言ってたので意図した結果としてこうなったのかは定かじゃないです。
だからこそ次回作が非常に楽しみです。
ハリウッドで雇われ監督などやらずに本当に自分が撮りたい企画をNetflixでもいいのでやってほしいですね。

そういえばアスガーは散々周りに悪態ついてたくせに、いざちょっと助けてほしいことがあるとその時だけ態度をころっと変えて調子いいこと言って「にゃーん」と助けを求めるんです。
そんなところが僕に似ているなあと嫌な気持ちにさせられた映画でもありましたよ。

今回は短めに。

 

 

 

 

スポンサーリンク