映画『ゴールデン・リバー』ネタバレ評価&感想 最後はどうなる?
(C)2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.
スポンサーリンク

第68回カンヌ国際映画祭で審査員長コーエン兄弟からパルム・ドールを授与された『ディーパンの闘い』(2015)のフランス人監督ジャック・オーディアールの最新作はなんと全編英語の西部劇!

しかも主演は僕の大好きなポール・トーマス・アンダーソン監督作品の常連、モンスターフェイスのジョン・C・ライリーと近年の主演作にハズレなしのホアキン・フェニックス

ジャック・オーディアールは『ディーパンの闘い』で知りましたけど、それがすごい良かったので、あらすじも予告も一切見ずに行って参りました。

こんなに期待感高まる作品なのに、僕が観に行った公開2週目あたりは都内では有楽町のTOHOシネマズ シャンテのみで上映というマニアック作品扱い。

一応ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)受賞してるんですけどね。

それでもこの扱いという日本の現実に劇場に向かいながら切なくなりましたよ…

映画『ディーパンの闘い』を無料で見る

U-NEXTなら映画『ディーパンの闘い』を無料で鑑賞できます。(見放題対象作品、31日間無料トライアルあり。2019/8/2現在)

映画『ディーパンの闘い』をU-NEXTで無料で見る(2019/8/2現在)(31日間無料トライアルあり)

映画『ゴールデン・リバー』とは???(本作はなるべく情報を得ずに鑑賞することをお勧めします)

(C)2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

作品データ
原題 The Sisters Brothers
製作年 2018年
製作国 アメリカ・フランス・ルーマニア・スペイン合作
配給 ギャガ
上映時間 120分
映倫区分 PG12

スタッフ
監督
ジャック・オーディアール
製作
パスカル・コーシュトゥー
グレゴワール・ソルワ
ミヒェル・メルクト
マイケル・デ・ルカ
アリソン・ディッキー
ジョン・C・ライリー
製作総指揮
ミーガン・エリソン
チェルシー・バーナード
サミー・シャー
原作
パトリック・デウィット
脚本
ジャック・オーディアール
トーマス・ビデガン
撮影
ブノワ・デビエ
美術
ミシェル・バルテレミ
衣装
ミレーナ・カノネロ
編集
ジュリエット・ウェルフラン
音楽
アレクサンドル・デスプラ

キャスト

ジョン・C・ライリー / イーライ・シスターズ
ホアキン・フェニックス / チャーリー・シスターズ
ジェイク・ギレンホール / ジョン・モリス
リズ・アーメッド / ハーマン・カーミット・ウォーム
レベッカ・ルート / メイフィールド
アリソン・トルマン / 酒場の女
ルトガー・ハウアー / 提督
キャロル・ケイン / ミセス・シスターズ

解説
「ディーパンの闘い」「君と歩く世界」「真夜中のピアニスト」などで知られるフランスの名匠ジャック・オーディアール監督が初めて手がけた英語劇で、ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドという豪華キャストを迎えて描いた西部劇サスペンス。2018年・第75回ベネチア国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した。ゴールドラッシュに沸く1851年、最強と呼ばれる殺し屋兄弟の兄イーライと弟チャーリーは、政府からの内密の依頼を受けて、黄金を探す化学式を発見したという化学者を追うことになる。政府との連絡係を務める男とともに化学者を追う兄弟だったが、ともに黄金に魅せられた男たちは、成り行きから手を組むことに。しかし、本来は組むはずのなかった4人が行動をともにしたことから、それぞれの思惑が交錯し、疑惑や友情などさまざまな感情が入り乱れていく。

映画『ゴールデン・リバー』の見どころ

先述したように、僕はほとんど何も情報を入れずに観たのですが、それが正解だった気がするので、フランス人監督ジャック・オーディアールが挑んだ西部劇で主演はジョン・C・ライリーとホアキン・フェニックスてことだけで観に行ってほしいですね。

あ、これだけは言っといたほうがいいかも。

アクション超大作ではありません!!!

以上。

 

 

 

映画『ゴールデン・リバー』の感想(ネタバレあり)

まずはうんこ度(このサイトではどのくらいつまらなかったかで評価しています。10.0=ダメ映画)

2.0/10 骨太な西部劇の仮面を被った青春映画

もうね、傑作でした。

鑑賞後の満足度が想像より相当高くて、変な高揚感があったんですよ。

びっくりしましたねー
こんなにジャンルを逸脱してくるとは思っていなかったので。

これは僕の『ゴールデン・リバー』に対する鑑賞前の心持ちというか捉え方が大いに関係していた気がします。
やっぱり映画って事前情報だったり鑑賞時の気持ち、年齢なんかが大きく関係しますね。

僕が今回『ゴールデン・リバー』を観るにあたり仕入れていた情報は

・監督がジャック・オーディアール
・主演がジョン・C・ライリーとホアキン・フェニックスというポール・トーマス・アンダーソン映画でお馴染みの俳優
・どうやら西部劇っぽい
・ヴェネチアで賞を獲得したらしい

とほんとにこれくらいだったんですね。
予告編さえ見ていなかったんです。
それが良かったですね。
今これを書くにあたって予告見ましたけどちょっとネタバレしてますしね。

何も内容に関して情報を入れなかったおかげで、「ちょっと血なまぐさい静かな西部劇かな」くらいの想定で観れたんですね。
ジャック・オーディアールが監督でホアキン・フェニックスが主演なんで普通の西部劇ではないだろうとは思ってましたけど、情報が少なすぎてほとんど何も予想できていなかったんです。
また予告を観て、黄金を巡る従来のアクション活劇としての、ジャンル映画としての西部劇を期待してもいなかった、これが本当に良かったと思います。
多分過激なアクション映画を期待して観に来た人は肩透かしを食らったはずなので。

『ゴールデン・リバー』の変化球ぶりを肩透かしとネガティブに感じるか、予想を裏切られたとポジティブに感じるかがこの映画の評価の分かれ目な気がします。

西部劇?

正直前半は少し退屈だなあと思ったんです。
僕は歳を重ねるにつれて要所要所で劇的な撃ち合いがあるだけの静かな西部劇が好きになっているので、アクションシーンの少なさは気にならなかったんですが、西部劇としては馬の疾走する様子を撮るのが下手だなあと思ったんです。
躍動感はあるんだけど、それが安くさい感じつながっているというか。
構図やら移動ショットのせいだとは思うんですが重厚感が感じられなくて。
ジョン・C・ライリーとホアキン・フェニックスが画面に存在しているのになぜ?というくらい。
またその時の音楽もなんか違うんですよ。
西部劇らしくない、どうも気分が乗らない音楽なんです。
全体的に軽い印象を受けるんです。

まあこの時は「フランス人監督だしな」くらいの捉え方だったんですけど、僕の中でこの映画の観方がはっきり分かったのは兄弟が海を見て笑顔を見せるところでした。
それまでの展開も、人を殺すことに少しも躊躇しない最強の殺し屋兄弟とターゲットの追跡劇の割にはスペクタルはないし、兄弟間に流れるゆるやかで穏やかな空気になんか変な映画だなあと思っていたんです。
殺し以外では穏やかで可愛らしい兄イーライと凶暴さの裏に酒に救いを求めるなど繊細さが見え隠れする弟チャーリーの生活を見ているような展開です。

またこういう時の追跡のターゲットであるやつってブサイクでケチな小悪党みたいなのを想像しがちですけど、ウォームはそれに反してやたら聡明です。
そのウォームを追う兄弟の仲間ではあるが仲は悪いジョン・モリスも思慮深い人間として描かれていて、ついには人道的な選択をし提督を裏切ってウォームと行動を共にします。

そんな二組の様子が西部劇につきものな分かりやすい善悪もなく描かれるので前半は物語の焦点がぼやーとしている印象なんです。
全然退屈せず観ていられるんですけど、今ひとつ物足りないかなという印象。

そんな中盤、過酷な山道を抜けてきたシスターズ兄弟の目の前に果てしなく広がるサンフランシスコの海が現れます。
2人は今まで海を見たことがなかったかのようにその景色に目を輝かせます。
画面的にも一気に開放されるような印象を与えてくれるこのシーンで、「あー、この映画は血なまぐさい追跡劇を描きたいわけじゃないんだな。少し遅い兄弟の青春ものなんだ」と直感的に思ったんです。
この本筋となんら関係ない寄り道感、旅感がそう思わせたんだと思います。

そう感じてからは俄然面白くなりましたね。
物語の停滞、前半の西部劇らしくないショットや音楽も敢えてそうしていたのではないかと感じられたからです。
この映画は純粋な西部劇の系譜に属する作品ではありません、そう冒頭から宣言していたんだなあと。

兄弟に訪れた遅い青春

物語の終盤で、おそらくチャーリーは母親を守るために父親を殺したのだと判明します。
酒を飲み暴れる父親に苦しめられた母親と兄弟でしたが、それにケリをつけたのは弟であるチャーリーでした。
酒に救いを求めてしまう気質などから父親の血を色濃く受け継いでしまっているのは弟チャーリーなのでしょう。
それを本人も認識していて、父親の血を受け継いだおかげで殺し屋ができているという皮肉まで言っています。
恐怖の対象である父親の存在と親殺しの事実、さらにその血を受け継いでしまった自らの存在にチャーリーは苦しめられ、精神的に成長が止まり、人間的な感情が欠落しています。

そして兄イーライは弟の父親殺しに後ろめたさを感じているんですね。
本来は長兄である自分がしなくてはいけない損な役割を弟にさせてしまった。
本来優しい性格であるイーライは本当は殺しなんかしたくない、穏やかな幸せを願っている人間です。
ですが父親殺しをしたことで人間としての心が崩壊しつつある弟の暴走をすぐ近くで止めることが自分の役割だと、弟を守れるのは自分だけだと思っているんです。

兄弟は生きるために、この世のすべてを仕切っているんじゃないかとすら思えてくる提督に仕え殺しを生業とします。
「生きるために殺す。」
これってすごく矛盾した行為なんですけど、これは「相手の生命を奪うという殺し」ってだけでなく、「自分たちの人間性を奪う殺し」って要素もあると思うんです。
兄弟は眉一つ動かさず相手の生命を奪いますが、それと引き換えに自分の人間性も失っていってるんですね。
兄イーライは生来の優しさから弟や馬への愛情を持ち合わせていますが、弟チャーリーは父親殺しから時が止まっているんです。
悪夢にうなされる冗談で兄をからかったりしていましたが、イーライの反応を見る限り日常的には本当にうなされているんでしょう。

そんな2人はウォームを追跡する過程でそれまで口にしていなかったこの先進むべきだと思っている道が異なっていることを知ります。
おそらく薄々は気づいていたとは思うんです。
兄は自分はもちろん弟にも殺しを引退させて静かに人間らしく暮らしたい。
対して弟は自分にはもう殺ししか生きる術はないし、それで金を稼ぎ成り上がるしかこの悪夢から抜け出る術はないと思っている。

そんな違いが表面化した時、兄弟は映画のハイライトである運命の川にたどり着き人生が激変するわけですが、ここからがもう素晴らしかったんですよね。
敵同士が手を組み障害を乗り越えるカタルシスから、それを通して4人が徐々に心を通わせていき、そしてようやく全てが上手く回りん出すんではないかと思った矢先、最大の挫折を迎えるという、アメリカン・ニューシネマから邦画の青臭い高校生映画にも通じるような正に青春というべき運命を辿ります。

この川での4人の遭遇からは本当に面白かったですね。
川までのちょっと停滞していた展開も全てこのための伏線だったのかと思わせる力がありました。銃撃戦でのチャーリーの恐ろしいほどの戦闘力と頼もしさ、イーライをすぐに取り込んでしまうウォームの柔らかい人間的魅力、まるで修学旅行の夜のように焚き火を囲んで話す3人とそれに戸惑うチャーリー、モリスとチャーリーの川で水浴びをしながらの会話など、どれもが心を動かされるいいシーンでした。
特に映画序盤から出てくるチャーリーの熊のようなぎこちない歯磨きとモリスの洗練された歯磨きの対比と、それを通して言葉を交わすことなく心が通い始めているのが分かる描写は場内で笑いも起きていたし秀逸だと思いました。

そして殺し以外の共同作業、生活を通して短い期間ながらも、チャーリーは確実に変化していて自分の呪われた運命に立ち向かう決意も固め始めていました。
あと僕は多分楽しかったんだとも思うんですよ。
金を手に入れて未来を変えるという欲望だけじゃなく、何かを他人と共有するのが新鮮だったんだと。
だからこそチャーリーは実際の金採掘作業中、輝く金を見て調子に乗ってしまった。
金に目がくらんだだけでなく、純粋に頑張りすぎてしまった、この作業の役に立ちたくて。
その結果が何とも残酷なことになってしまった。
そんな感じだと思うんです。
そう僕は捉えていたので全部が切なくて切なくて。
まず序盤から映画の良心であったモリスとウォームの夢の第一歩を踏み出した時点で散っていくその姿が痛々しすぎて、ほんと辛くなりましたね。
ほんの数分前まで元気だった人間がもだえ苦しみ死を迎える様は実際の人間を前にした時くらい生生しく感じてしまって、こんなに自分が感情移入していたことに少し驚きました。
そして私利私欲のためだけに金を得ようとしているわけではないウォームとモリスが死に、ヘマをした自分が生き残ってしまった事実に苦しむチャーリーの挫折感がまたグッとくるんですよ。
せっかく目標を見つけ自分の人生を生き始めようとした途端の挫折。
すごく無慈悲なんですけど、僕には現実世界の全てを象徴しているような出来事に感じられて、面白いとはちょっと違うんですけど「ああ、いいなあ」と思ったんです。

結局自身も右腕を失い、情けなさから泣き崩れるチャーリーの姿は皮肉にもなんとも人間らしくて、ここで「ああ、この映画はシスターズ兄弟が人間性を取り戻す青春の旅なんだな」とはっきり感じました。
全然結末は見えてませんでしたけどこれは傑作だなと確信しましたね。

ラストの意外さ

当初のイメージからいい意味で逸脱しまくるこの映画ですがラストがもっとも意外でした。

シスターズ兄弟は提督を裏切り、モリスとウォームの側に付いたので当然提督から追手がやってきます。
まあ裏切ったときから底なしの提督地獄にケリをつけるつもりだった2人は提督を殺しに向かいます。
普通このあたりで最後の大一番、多勢に無勢の銃弾の嵐ファイトだったり、静かな超渋い1対1だったり、何かしらクライマックスのガンバトルがあるのを期待するところなんですが、なぜか途中から追手の雑魚すら来なくなって、一発も撃つことなくあっさりボスである提督の元に辿り着いてしまいます。
なぜなら提督は死んでしまっていて葬式してるからという、予想の斜め上を行くびっくり展開。
それも多分寿命が尽きての死という。
アクション映画期待していた人はもう我慢ならないほどの肩透かし展開でしょうけど、兄弟にとって世界を支配しているくらいの存在であった最大の壁ともいえる提督が既に棺に入っている画はなんともシュールでかつ、いざ意を決して挑もうとした障壁に挑ませてすらもらえない世界の不条理を感じました。
イーライなんて死体でしか触れることができなかったわけですからね。
提督は死してなお世界を掌握してるようで不気味でしたね。
それにしても演じたルドガー・バウアーがこの映画の撮影から数年で先日ほんとに永眠してしまったのは、あの展開がそれを予言していたかのようでちょっと嫌でしたね。

そして目的を失った兄弟が最後に辿り着いた地は愛する母親の元でした。
出演者と映画のもつ雰囲気から最後はポール・トーマス・アンダーソンの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』みたいな血と不条理と静けさが同居したような暗いエンディングを想像してしまいますが、それの真逆を行くような何とも温かいハッピーエンド?が待っています。
唐突ともいえるまるで最後だけ違う映画のような温かみを持った幸福なラストでしたが、すっかり兄弟のことを好きになってしまっていたので本当に良かったなって思っちゃいましたね。
お伽噺のようなそれまでとは趣が全く異なるこのラストシーンを堂々と当たり前のように差し出してきたのはすごいと思いました。
当たり前のように兄弟に降り注いだ安心、幸せ。
映画だからこそ成立する力技だと思います。
ようやく人間らしく風呂に浸ることができたチャーリーとそれを見て安心するイーライの表情を観ていると自然にニヤけてしまいました。

俳優の存在感

メインキャスト4人全員がいい雰囲気を醸し出していてハマっていました。
全員良いっていうのなかなかないと思うんですよ。

まずホアキン・フェニックスですが、歳を重ねてどんどんかっこよくなっていますね。
何を考えているか分からない綺麗な瞳に野生動物のような危険な雰囲気、そしてその裏に見え隠れする繊細で神経質な雰囲気が、チャーリーに血を通わせていました。
髭面で少し腹も出ているしかなりなで肩の決して綺麗な体型ではないのに、その映画内での佇まいは美しさすら感じるんですよ。
時折遠くを見つめるその瞳、表情の憂いを観るとすごく切なくなるんですよ。
また映画内での変化の様子も見事で、右腕を失くす以外に特に見た目に変化があるわけじゃあないのに、川での出来事以前後では明らかに変化が感じられます。
これは兄イーライを演じたジョン・C・ライリーと対になっている点ですが、川での挫折以来明らかに兄弟の立場が元に戻っているんですよね。
兄がその尊厳を取り戻したのが2人の演技から伝わってきます。
ジョン・C・ライリーはキャリア1のはまり役だったんじゃないでしょうか。
まあそんなに出演作見ているわけじゃないんでかなり適当ですが、モンスターのような汚らしくて恐ろしい見た目に反して、穏やかでかわいらしいイーライを魅力的に演じていました。
この映画はジョン・C・ライリーの魅力が大きいと思いましたね。
過去に兄としての役目を果たせず普段は弟の一歩後ろにいて、時にそのことに嫉妬したりもしますが、いざとなると弟を全力で守り誰よりも強くなるイーライがかっこいいんですよ。
特にチャーリーの腕を切断した後に襲われた時なんて、絶対無事では済まないという状況なのに、表から降伏を装い出ていって追手を返り討ちにしてしまいます。
不死身なんですよ、多分、見た目通り。
普段は穏やかで、愛馬の死に落ち込みまくったり、必死に使い慣れない歯磨きをしてみたりとすごく愛らしくて、そういうところとのギャップが最大の魅力でしたね。

またジョン・モリスを演じたジェイク・ギレンホールも、僕の中ではいつもはもっと気持ち悪い感じなんですけど、今作ではすごく知的で聡明な雰囲気が充満してるんですよ。
その相棒ウォームを演じたリズ・アーメッドも助けたくなるような人懐っこい空気を出していて、皆が手伝ってしまうのも頷けました。
この2人がいわゆる善である、一般的な物語の主人公のような感情移入したくなるキャラクターになったことで、この映画はより一層悲劇的になり、だからこそシスターズ兄弟の人生再生の様に心打たれるんだと思いました。

 

おわりに

観る前から面白そうだとは思っていたものの、想定とは違う面白さにかなり感動してしまいました。

変化球の青春もの西部劇という点では『明日に向かって撃て』のようでもありました。
途中でそんなこと思ったんでシスターズ兄弟も死ぬんだと勝手に思っていたら、その予想のちょうど180°反転したような全く想定外の展開に唖然とすると共にこういうハッピーエンドもいいものだと思わされましたね。

けっこうその初見の意外さを評価したような文章になっちゃいましたけど、映画全体を通しての雰囲気や登場人物たちを好きになったので繰り返し楽しめる傑作だと思いました。

ジャック・オーディアールの前作でカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞『ディーパンの闘い』を観る

映画『ディーパンの闘い』を無料で見る

U-NEXTなら映画『ディーパンの闘い』を無料で鑑賞できます。(見放題対象作品、31日間無料トライアルあり。2019/8/2現在)

映画『ディーパンの闘い』をU-NEXTで無料で見る(2019/8/2現在)(31日間無料トライアルあり)

スポンサーリンク